2006年09月01日

防災対策A


今日9月1日は防災の日です。

「防災の日」は1923年(大正12年)のこの日に起きた
関東大震災の教訓を忘れないという意味と、
この時期に多い台風への心構えの意味も含めて
1960年(昭和35年)に制定されたものです。

防災対策@の記事から大分経ちましたが、
今日は防災リュックの中身についてです。

 防災対策@の記事は→こちらです!!

ちなみにタンクに水は入れましたよーあせあせ(飛び散る汗)


カートにもなる我が家の防災リュック。
ぎゅうぎゅう詰めのパンパンです。
果たして・・・背負えるのか?(汗)

s-1P1170362.jpg


万能ハサミ・12時間ロウソク・ライター、
軍手とタオルの圧縮セット・ブランケット2個、
手回し充電たまご。
s-2P1170366.jpg

アルミブランケットは畳むと手の平サイズで
防水・耐熱加工に優れ90%の体温保持率がある。
猫らーのキャリーにかけても良いと思い
2個用意してある。

手回し充電たまごは以前の記事にも書いたが
電池がいらず、手で回して充電する。
ラジオ・ライト・サイレン・携帯の充電とこなす
優れものだ。


私用に救急セットや下着(キャ!)・洗面用品等。
s-3P1170367.jpg


ゴミ袋・ウェットティッシュ・お皿やコップ等。
s-4P1170371.jpg


いのちの水・非常食・ラップにアルミ。
s-5P1170374.jpg

いのちの水や非常食はリュック以外にも装備。
パンなら猫らーも食べれるし・・・と思ったり。


こちらがニャン用品〜。
s-6P1170376.jpg


ペットシーツ・缶詰、山羊ミルクに救急用品。
これ以外にもドライフードを用意。
万が一、避難って事になったら・・・・・
猫らーは怯えて食欲も落ちるだろう。
缶詰なら食いつきも良いので少し用意。
首輪は名前と連絡先が入ったもの。
Dちゃんのがまだないのよねーーーー。
携帯用猫トイレもあるのだが、リュックには
入れてない・・・ってか入らない(涙)
うーん、もう少しリュックの中身を整理しないと。

家には常時猫砂やご飯を多めにストック。
何かあっても1ヶ月は持ちこたえるはずだ。
あ!私のご飯はそんなにないなぁー(汗)

実際は・・・ペットを連れての避難生活って
難しいと思う。
建物が崩壊してしまったらと思うと不安だ。
そして・・・何より不安なのは私が会社へ行っている
時に地震があったらと思うと・・・。


猫らーの写真。
s-7P1170380.jpg

写真の裏には名前や生年月日、性別、
私と実家と動物病院の連絡先が入っている。
会社用のカバンとこのリュックに両方用意。


こうして見るとまだ足りない感じがするなー。
安全靴も買った方がいいよなー。

それに・・・やっぱりダブルキャリーが必要か!


手回し充電たまごのサイレン、
けっこう大きい音がするのですが・・・・・
Dちゃんったら驚きませんでした!!

s-8P1170381.jpg


動画でご覧下さい→サイレンに驚かない猫らー

 (音が大きいのでご注意下さい!!)


何もないのが一番ですが、
やはり地震は心配ですよね。


我が家の防災グッズ(猫らー以外の)は
ブログ右側お役立ちLinkの防災グッズの
各SHOPで揃えました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

下参加してます☆応援クリックを2ヶ所ポチっと猫(足)
  更新と日々の励みになりまっす♪

  banner2.gif にほんブログ村 猫ブログへ

                  ありがとうございました猫(笑)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     STOP!動物虐待!

ニックネーム barai at 16:11| Comment(49) | TrackBack(1) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

防災対策@

地震・・・、起きて欲しくはないけれど、
最近の地震の多さに我が家でも準備をすすめている。
猫らー対策としてペットカートを購入したのは、
11月20・21日のブログにて紹介したが、
やはりダブルキャリーを購入しようか、
更に検討中であるあせあせ(飛び散る汗)

家においているものをいくつかご紹介。

下まずは「いのちの水」
s-いのちの水.jpg
純水ピュアウォーターで、5年保存可能だそうだ。
2リットル×6本用意してあり、
1本は避難リュックに入れてある。
もう少し購入しておこうかと思う。
ま、常にお水を買っておけばよい事なのだが・・・。

下メデタンク
s-メディタンク.jpg
3年間水換不要で水道水を2リットル保管できる。
まだ水を入れていない、意味ないじゃんふらふら
週末に届き物がある予定なので、その後にやる予定。
室内保管ながらも、日の光にあてなければ
ならず、狭い我が家は置き場所にちょっと困る。
建物が倒壊しなかったとしても、
電気・ガス・水道は停止するだろうし、
復旧にも時間がかかるだろうから、
やはり水は必需品だ。

下簡単トイレ「サニタクリーン」20枚入り
s-簡単トイレ.jpg
広げるだけで簡易トイレとして使える。

下以前のブログでも登場した「手まわし充電たまご」
s-充電たまご.jpg
これは本当におすすめですexclamation×2exclamation×2
電池不要!ハンドルを手まわしして充電し、
ラジオ・サイレン・ライト・携帯の充電と
1台4役もこなす。コンパクトで場所もとらない。
以前のブログに使用レポートが載ってます。
こちらは非難リュックに入れてますが、
持ち歩きように、もう1個欲しいと思ってます。

あとは、12時間ろうそくというのも準備。

下東京23区内にお住まいか勤務の方へおすすめの本
s-本.jpg
「東京直下型大地震 生き残り地図」¥1,200
この本によるとM6.7〜7.2の南関東地震が起きる
確率は10年以内30%、30年以内70%とある。
おそらく私はまだ生きているかと思われる。
23区内それぞれの区ごとに、危険エリアや
給水所、避難所、災害拠点病院・・・他
様々な情報やアドバイス等が載っている。
中でも良いと思ったのは、帰宅困難者支援施設の記載。
会社から自宅へ帰るのに、電車は全面ストップしている
・・・が、家族の為、可愛い猫らーの為にもどんな事が
あっても家に戻らなければexclamation×2
必要な地図のページをコピーして持ち歩くのが
良いかもしれない。今度コピーしとかなきゃ。
私の場合、考えてみれば1日の半分位は会社にいるわけで、
会社や通勤途中で地震にあう確立がかなり高いのだ。
通勤bagにも諸々準備をしておかなければあせあせ(飛び散る汗)
地震はこないで欲しい、でも、もし、きてしまうならば、
どうか私が猫らーや家族といる時に・・・。
この本の最後に23区総合危険度 ワースト250というのがあり、
○○区、△△町×丁目まで記載された危険な町250位までが
載っている・・・、怖い・・・。
更に、上水道・都市ガス・電力・電話の機能支障率。
自宅外避難者数、液状化可能性面積率・・・と。
引越をしたくなってくるかも・・・バッド(下向き矢印)

下そして、猫らーの写真猫(足)
s-ハ真.jpg
猫らーと私が一緒にいない場合を考えた。
はぐれた時などに写真を見せれるようにだ。
裏には名前、私と実家の連絡先、動物病院の連絡先等が
書いてある。私だけに何かあっても、いずれ誰かが
この写真を見つけ、実家なり病院に連絡してくれるかも
しれない。

上述の本ではないが、HP等で地震の体験を読んだ。
想像を絶する感じだった・・・。
亡くなられた方のご冥福を心からお祈りします。

ペットや動物は後回しになると言うのも
うなずける。・・・しかし、私にとって猫らーは子供同然なのだ。
私が守らなければexclamation×2
そして、母親や家族が心配だ。
猫らーを連れて実家まで歩いていかねば。

・・・、ちょっと熱く語ってしまったふらふら

下こちらが私の避難リュック。
s-リュック.jpg
リュックにもなるし、キャスター付きでカートにもなる
優れもの。超安いのを探して購入。

下避難リュックと何もわかってない雷ぞー
s-雷ぞーとリュック.jpg
このリュックを背負い、猫らーをカートやキャリーで
持つ・・・。
実際は、そういう余裕や時間があるかどうか・・・。

はっきり言って私はものぐさで、だらしない。
自分一人だったらこんな準備もしないタイプなのだ。
でも、やっぱ猫らーや家族の事を考えるとな・・・。

今回ご紹介した防災グッズは☆お役立ちリンク☆の
防災グッズの中から購入しました。
他にも探してると、犬・猫の非常袋なんてのもあったが、
それぞれ好みやなんかもあるので、
これは飼い主が準備した方が良さそう。

皆さんはどんな準備をしていますか?

避難リュックの中身やその他はまたいずれ。

参加しています→banner_03.gif
ニックネーム barai at 06:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする