2007年07月02日

猫のワクチンのお話


今回は猫のワクチンのお話。私が今までに聞いたり調べた
話を書いていきますが、情報的に古いものもあるかもしれ
ません。接種方法や時期に関してはこうすべきだ!と言う
ものではありません。

我が家の猫ら〜は3種混合ワクチンを接種、1歳を過ぎると
3年に一度の接種にしています。これでいいのかな?と
悩みながらもこのやり方にしています。
(以前は毎年接種していました。)

ワクチン1.jpg

猫のワクチンは3種・4種・5種・7種・・・最近では11種という
ものもある。
3種混合はコアワクチン(必ず接種すべきワクチン)と
呼ばれ、猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・
猫汎白血球減少症を予防するもの。
これに猫白血病ウイルス感染症を加えたものが4種混合。
更にクラミジア感染症を加え5種混合ワクチンがある。
7種混合ワクチンでは3タイプのカリシウィルスが予防できる。

ワクチンで100%予防できるのではなく、感染しても軽症で
すんだり命を落とさずにすむというもの。

ワクチン2.jpg

アメリカでは近年3年に1度のワクチン接種で良いと、
効果が持続するとされています。
AAHA(米国獣医士会)2000年のガイドラインから
3年に1度の接種になっているそうです。
それに伴い日本でも3年に1度の接種を勧める動物病院も
増えてきました。(と言ってもこの事自体を知らない獣医
さんもいるようですが。)

これに関しては様々な説があります。
*アメリカでは50%以上の猫がワクチン接種をしているが、
 日本では猫のワクチン接種率が低いので毎年すべき。
 →狂犬病ワクチンと違い飼い主の任意による接種。
*アメリカでは5種ワクチンに加えFIP(猫伝染性腹膜炎)・
 FIV(猫エイズ)のワクチンも出回っており全てを毎年
 接種する事は猫の体、又、経済的にも負担が大きい。
*日本で製造・販売されているワクチンは1年に1回の接種で
 認可がおりていて3年に1回の接種ではメーカーの保障が
 得られない。
 →3年に1度の接種だと動物病院やメーカーの収入が減る
  ので3年に1度の接種が広まらないという説も・・・。

ワクチン3.jpg

我が家の猫ら〜が通っている病院では猫それぞれのライフ
スタイルを考慮し、1年に1度か3年に1度かを分けている。
完全室内飼いの家には3年に1度の接種を勧めているようだ。

ワクチン4.jpg

前述のように我が家は3種混合ワクチンで3年に1度。
これについては非常に迷いがある・・・と言うのも我が家の
猫ら〜は4ニャン中3ニャンがお散歩猫。そして実家の庭には
全ニャン遊びにでることがあるからだ。
糞尿を通して、又、空気感染もあるのでちと怖い。
先生に相談したところ、リードでお散歩し他の猫との接触を
絶対にしない事から3種で3年に1度の接種でとの事。

ワクチン5.jpg

人の衣服や靴などを介して室内に運ばれる場合もあるし
外で他の猫ちゃんと接触した場合には充分に注意が必要。

ワクチン6.jpg

ワクチンについては人と同じで副作用がある。
元気食欲減退・発熱・嘔吐・下痢・アレルギーetc。今のところ
我が家の猫ら〜でこのような反応を示した子はいないが。

そして・・・最も恐ろしい副作用、それは・・・・・
ワクチン接種部肉腫(vaccination site sarcoma:VSS)
ワクチン接種性線維肉腫と呼ばれるものだ。

ワクチン7.jpg

ワクチン接種部位にしこりができ、そのしこりが悪性腫瘍化
するというもの。850から1万頭に1匹、又はわかっていない
だけでそれ以上とも言われている。発生率自体は少ないの
かもしれないが線維肉腫は致命的な悪性腫瘍なのだ。
ワクチン接種性線維肉腫は接種後3ヶ月〜2年が発生率が
多いとされているらしい。
この病気への危惧もあって3年毎の接種が望ましいとする
説もある。

ワクチン8.jpg

以前は白血病のワクチンが原因とされていたが、最近では
猫の異物に対しての反応性によるものとされているそうだ。
毎年接種の場合は特にだが、ワクチン接種部位を変える事。
最近は足にする病院が増えてきている。尻尾にするという
話も聞いた事がある。従来のように首の後ろにする事は
減ってきているのだ。理由は・・・おわかりかと思うが
首だと切断が不可能だからだ。足や尻尾なら切断しても
命が助かると。
ワクチン接種部位を覚えておいて次回は違う場所への
接種が望ましいと思う。

実は今回の雷ぞーの腫瘍摘出で最も恐れていた病名が
線維肉腫でした。以前雷ぞーも首の後ろにワクチンを
接種した事があったからです。月日を考えその可能性は
薄いとは思いましたが脂肪腫と聞いた時は本当に嬉しく
安心しました。ワクチン性でなくとも線維肉腫は恐ろしい
腫瘍なのだ。

ワクチン9.jpg

3年に1度の接種だとペット保険に入れない場合もあると
聞く。嫌な顔をする獣医さんもいるであろう。
本当に3年接種で良いのか?正直現時点ではわからない。
猫ちゃんそれぞれやライフスタイルにあったワクチンの
種類・接種方法を選ぶのは飼い主さんそれぞれが決め
なければならない。
我が家もこれでいいのかな?と思いつつ・・・なのだがあせあせ(飛び散る汗)

ワクチンの話はずっと書きたかったのですが、中々
時間や機会がなくでした。
皆様はどうしているか、又、新しい情報等ございましたら、
是非コメント欄にお願い致します。

ワクチン10.jpg

今日の画像は以前わたたさんに作って頂いたカードで
お届けしました♪


【7月3日追記】

ワクチンには大きく分けて生ワクチンと不活化ワクチンが
ある。生ワクチン(弱毒ワクチン)は文字通りウィルスが
生きたまま使われており、不活化ワクチンはウィルスを
死滅させておりアジュバンド(免疫助成剤=水酸化アルミ
ニウムやミネラルオイル等)が加えられる。
このアジュバンドがアレルギー反応を引き起こしたり
肉腫を引き起こすという説もあるらしい。
ワクチン接種証明書にワクチンの種類が明示されている
シールが貼ってあると思うが、我が家の猫ら〜のは
共立製薬のフェロバックス3という3種混合ワクチン。
これは不活化ワクチンである。
正直、ワクチンがどこの製薬会社のを使用しているか
までを気にする事って少ないし、使用しているのは
動物病院によって決まっている事が多いと思う。
しかし、製薬会社によって成分株にも様々な違いが
あり副反応の有無にも違いがあるようだ。

アメリカでは1991年に伝染性腹膜炎(FIP)のワクチンが承認・
販売され、2002年には猫免疫不全ウイルス(FIV)のワクチン
が販売された。しかし、これらのワクチンの効果・安全性に
関しては疑問視する声も多く日本では発売されていない。

皆様のコメントを読んで・・・ワクチンを足や尻尾に接種
するには獣医さんの技術も必要で、尚且つ首に打つより
猫ら〜には痛みを伴うらしい・・・と。
う〜ん、中々難しいですねあせあせ(飛び散る汗)

ワクチンに関しても何に関しても・・・だが、これが正しい
というのはないように思う。それぞれが猫ちゃんの体質や
環境、ライフスタイルに合った方法で決めればいいのだ
と思います。

【2009年再追記】
ワクチンですが、住環境が変わり緑が多く外猫もいる地域になったので、接種期間を短く変更しました。ただし、中高年コンビは体への負担etcを考慮しつつ・・・となります。

★☆★☆★☆応援して下さると嬉しいです☆★☆★☆★

   かわいい更新と日々の励みになりますかわいい
   下 ポチっとクリック2ヶ所お願いします 下

   banner2.gif    にほんブログ村 猫ブログへ    

                 猫(足)ありがとうございました猫(足)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ご訪問&応援ありがとうございます♪
皆様の応援がブログ継続の大きな力となってます。
頂いたコメントはありがたく拝見し、励みとさせて
頂いておりますが個別の返信はお休みしております。
大変申し訳ありません。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【里親募集のお知らせ】

いつでも一緒のかとちゃんさんの猫友さんが可愛い
黒にゃごの里親さんを関東圏内で募集しています。

かとちゃんさん里親募集.jpg

他にも2ニャンの里親募集があります。
詳しくは右いつでも一緒:里親募集

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

    00000001.gif


ニックネーム barai at 13:45| Comment(43) | TrackBack(0) | 猫の健康管理・病気・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は、ピアコもワクチンのせいでちょっと色々あったのです。。
毎年ワクチンで病院に行ってしばらくすると、アレルギーの症状が出てしまっていて
今年も出たので、やっぱりワクチンで免疫のバランスが
おかしくなったんじゃないかと・・・

そして今年は雷ぞーくんのように首の後ろにしこりができてしまって・・・
ワクチン性肉腫だと思いすぐ病院へ、と考えたのですが
あまりの私のパニック具合を見て相方が「しばらく様子をみよう」と。
1ヶ月もかからず、キレイになくなりましたが
やっぱりそれもワクチンが原因だと思うのです。。

病院の先生やニャンコと暮らす方で、色々意見はあるでしょうが
私は来年は受けないかなぁと、思ってます。
Posted by ゆちこ at 2007年07月02日 14:11
勉強になりました。

そうなんですよね、猫だって人間と同じように体質がそれぞれ違うでしょうし、ライフスタイルも様々だし・・・。
いろいろ説もあるでしょうが、ようは私たち飼い主が良く熟考してあげて、そのコにあったことをしてあげる必要があるんですね。。。

雷ぞーくん、その事が原因じゃなくって良かったですね☆
Posted by Wiggy's Mom at 2007年07月02日 14:21
私はもしかしたら 飼い主失格かも知れません 
ビタが自由に外出していた時には もちろん接種していましたが 
屋内飼育を徹底してからは ずっとしていないんですよ 
   
予防接種をしていても罹患したという話も聞いていますし 
予防接種自体が原因になって発病する事もあるし 
3種4種5種とどれが良いのか 
またあれだけの薬量をあの小さい体に入れる事を考えると 
感染しないように努力するほうが良いのでは? と思えてしまって 
   
ビタは 最近になって物干場へは出るようになりましたが 
散歩はしないし玄関にも行かないし(だから靴を舐める事もないし) 
外出時の服装で抱く事もしません 
外界との接触を遮断する と言うと嫌な言い方になりますが 
感染源を近づけない という事です 
   
我が家の暮らし方が これらを無理なく出来るので 
これからも予防接種をするつもりはないんです 
   
普段の生活の場の写真が私は一番好きですけど 
こうしてキレイなカードになっているのも またステキですね♪ 
レタッチ と言うのかしらん(よう分かりません^^;) 
添えられた猫さんの絵も素晴らしい!! 
こういう才能が羨ましい私ですToT 
Posted by くー at 2007年07月02日 15:08
うぅん、なるほど! 勉強になった!!
我が家は信頼している獣医さんに「じゃ、来年ね」と言われるので「は〜い」ってな感じで何も考えずに毎年やってきたケド……
やっぱり自分でも色々と調べないとダメね……
猫ちゃんにもライフスタイルがあるんだものね!!

カード、素適ね〜・.。*・.。*(〃´∀`)・.。*・.。*
こんな風にセンスよく作れたら、楽しいだろうな〜♪

あ、黒猫のあさひちゃん♪
私もかとちゃんのトコで知って、早速サイドに
ペタンコしてきたの♪
あさひちゃんに素適な家族が現れますように〜♪
Posted by さくらmama at 2007年07月02日 15:46
今回の記事、とっても勉強になったし、考えさせられる内容でした。
(こんな大事な記事にワタシの画像でいいのだろうか…)
baraiさんは、ワクチンの接種もとても深く調べておられるのですね…。
ウチは、スフレを保護した約3年前に病院で全身の検査をしてもらい、蚤や虫・他にも病気が見つかり、さまざまな治療をしてもらいました。
慢性の腎不全などは一生診つづけてもらう症状ですし。
で、ワクチンの件はあまり深く話したこともなく、先生任せにしていたのです…。
先生が必要と判断した治療を説明してもらった上で実施する…という形です。
なので、保護してしばらくしてから一度受けただけです。(3年に一度の方法。)
もうすぐ3年が経過するので、そろそろ次のワクチンの相談が先生からある時期です。

病院では先生を指名して予約をお願いするので、ずっと同じ先生です。(今年の初めに担当の先生が新たに開業されたので引継ぎをして別の先生になりましたが、それもお会いしてからの指名でした…。前の先生の病院の連絡先も教えてくれましたし…。)

ワクチンのこと、心の隅に引っかかりながらも必要なら先生から提案してもらえると安心してたのかもしれません。
もっと、勉強して自分から相談を持ちかけられるくらいにならないと!って思いました。

自分も勉強を頑張るって事と、その子の状態をずっと見守ってくれる、かかりつけの先生を持つって事も大事ですね。
今の先生なら、飼い主である私が何かの相談を持ちかけても、嫌な顔せずにキチンと対応してもらえる…そういう相手がいてくれるだけで、安心できたりするので。
そういう意味では今の病院は安心できる体制をとってくれていて良かったです。

…なんだか、とりとめのない内容になってしまいました。スイマセン。
Posted by わたた at 2007年07月02日 16:02
注射による肉腫があるなんてしりませんでした。
うちは病気になることが多いので、病院へ行くことが
多く、他の患者のことも考えてしまいます。
うちが病気を移す側。。って考えると。。それに、ワクチンで軽度で済むのならと、年に一度接種してます。今回、こてちゃんも診察時に注射は必ずしてますが、腕・足・背中と場所がかわります。ワクチンも
微妙に違う場所ですよ。改めて伺っていませんが、配慮がされているのかもと、思いました。
baraiさんの記事で、勉強になりました。
Posted by 猫ママ at 2007年07月02日 16:10
私はキャッテリーの方からワクチンでなる腫瘍のことを教わりました。
そして、なるべくワクチン注射は前回とは違うところへと言われました。
なので、先月の接種のときに獣医さんに伝えたところ、
ニャンコの節々をさわられ、大丈夫ですよ。
そして、うちは首にしかしませんよー。みたいな
ことをいわれた覚えがあります。
今は足とかにもするんですね。
本当に勉強になります。
Posted by miche-mama at 2007年07月02日 16:37
アメリカでは猫エイズやFIPのワクチンも出てきているのですね。
わが家はショーなどに行く子もいますので毎年接種です。
獣医さんの重要な収入源にもなりますから毎年打たせたがる人が多いのは事実ですよね。

今回から行くようになった先生は絶対足に打つといっています。
そうでなければ尻尾と。

ただ、足もなれない方が打つのは神経に触れる危険性もあるらしく難しいようです。
値段も同じワクチンなのに様々で頭の痛いことです。
Posted by dino at 2007年07月02日 16:40
こんにちわ!うちの3にゃんも3年おきです。ワクチンは活性か不活性か、又は中に含まれる薬剤の種類が何かによってもそれぞれ危険性が違う様ですよね。そう言った事を考慮しながら自分のニャンズに合う摂取の仕方を考えたい物ですね。うちの一人は病気の治療で受けた注射で湿生皮膚炎になり、ごっそり皮が剥げた事があります。そう言う経験があるだけにワクチンとは言え、安心出来るとは言い難いですよね。
Posted by kaezzz@mac.com at 2007年07月02日 16:44
我が家のごろはワクチンアレルギーで、ワクチンについては先生とも相談したり、私なりに色々調べていました。
病気を防ぐためのワクチンなのに、何でこんな辛い思いをさせなくてはいけないのか…と。
完全室内飼いだし、思い切ってワクチンをやめようかとも思いましたが、
庭を野良猫が行き来してるし、万が一脱走を考えるとそういう訳にも行かず。。。
幸いアレルギー症状を抑える薬が効いたので、次からはそれと併用でワクチンをすることにしたのですが、
それでもやはり、正直言って怖いです。
病気を防ぐためのワクチンなのに、どうしてこんなに不安要素がいっぱいなんでしょうね…?

って何だか自分の事ばかり書いてしまってスイマセン!!
Posted by とっちー at 2007年07月02日 17:28
とても参考になりました。そういえば、ミミが目が調子が悪かったのもあったんですけど、今の先生はワクチンを1年も延ばしたんです。我が家は病院へも行っているし、ワクチンをしていないと心配だったんですけど、先生の口調だと積極的じゃなかったんです。ただ、健康診断という形で1年に1度病院へ行くのはいいかもしれませんね。今度先生と相談してみます。
Posted by みかん&ゆず at 2007年07月02日 18:07
はじめまして。ワカと申します・・・。
Ren’s豆サンの所から来たんですが、
すごく勉強になりました。
ワクチンは打っとけば平気!と思ってたのに・・
家に猫が来るまでにもっと勉強しときます。
リンクさせていただきました!!
Posted by ワカ at 2007年07月02日 18:15
こんにちわ、お久しぶりです。
過去ログも拝見してまいりました。
雷ぞー君、検査結果が良好で本当によかったですね。
やっぱりワクチンのことを考えていたので、本当にホッとしました。
ワクチン…、いろいろと問題があるかもしれませんが、うちは実家の嬉嬉が接種しているのと、やはり実家への往復などの長距離移動などを考えると、しばらくは毎年打つと思います。
でも、おじ宅の3匹はもう何年も打ってないとも聞いてますし、やはり飼い主さんの考え方次第ですよね。
いとこ夫妻のところのアクアちゃんは、baraiさんのご指摘通りの理由から、尻尾にブスリと刺されたそうです。
が…、かなーり痛い場所らしく、鳴き叫んで大変だったと聞いてます。
Posted by 桃饅頭 at 2007年07月02日 18:44
ワクチン 大切なんでしょうね
でも・・病院勤めをしていて 思ったのはワクチンはお守りみたいなものだな〜〜〜ってこと。
いろんな 考えがあると思いますが 我が家は いままで にゃん’ずは ワクチン無し
笑。は外に出るので ワクチン接種でした。
しかし 笑。が外で病原菌を付けて帰ることもあるし・・・ 悩むとこです。
Posted by よう at 2007年07月02日 19:06
なるほど。ライフスタイルによってワクチン接種間隔も選ぶ時代なんですね。
我が家は完全室内だから、3年ごとでいいのかも。でも今までが毎年だと、これもなかなか変えるのには勇気がいるなあ〜。病院の先生は知っているだろうか・・・?

雷ちゃん抜糸したんですね。おめでとう〜baraiさん、ホッとしたことでしょう。ひとまずお疲れ様でした!
Posted by みく at 2007年07月02日 19:34
土曜日にワクチンを接種したばかりなので、タイムリーな話題に
少し興奮してしまいましたよー。
とても詳しく説明されていて、とても勉強になりました。
病院の先生にも室内飼いの猫だったら、ワクチン接種は3年置きくらいでいいと
説明され、何故病院の利益にならないような事を勧めるのかなーと
不思議に思っていたのですが、むしろちゃんとした病院なんだなと
改めて確信しましたよ。

さすがに注射を打つ場所までは考えていなかったので、
次回打つ際には先生に相談してみます。

ちなみに3年置きにすると、忘れてしまいそうでイマイチ自信がなかったりします
(ダメじゃん 汗)
Posted by こう@ at 2007年07月02日 20:16
お写真、ポストカードみたいでどれも素敵ですね。
ワクチンは5種まで知っていましたが、
7種や11種まであるのですね!!

うちは室内飼いということもあり、
3種混合ワクチンを接種しました。
ワクチン自体も猫の負担になるという考えもあるし、
毎年接種するつもりはなく、
3年ごとかあるいはそれ以上・・・?
と考えているところです。
実は前に飼っていた猫は一度もワクチンを接種したことがありませんでした。
(ワクチンのことを私があまり知らなかったということもありますが)
それでも15歳まで生きました。
腎不全のことをもっと早く気づいてあげられたら、もう少し長生きしてくれたかもしれません。

雷ぞうくん、抜糸できたのですね。
まずはひと安心。雷ぞうくんも barai さんもお疲れ様でした。
Posted by Ange at 2007年07月02日 20:22
注射ワクチン注射のお話大変勉強になりました☆簡単に考えてたけど奥深い話ですね顔(汗)うちのメイは、1年毎にワクチンを受けてます。っていっても2歳なので私が飼いだしてから2度目になるんですけどね・・。
もうすぐで2歳4ヶ月になるんだけど、baraiさんの様に3年毎にしようかな・・って思ってます猫(足)
Posted by メイちゃんのママリン at 2007年07月02日 20:42
やっと、この記事が来ましたね〜。
実際に細菌性の物や外猫ちゃんの歩いている道路を踏んで人間は、玄関に入る。
完全な予防は無理だと言う事。
ワクチンはbaraiさんの言うとおり、その病気にかからない訳ではないから・・・
毎年したって、かかるときはかかってしまうのよね。
だとしたら、副作用が少ない方を選ぶべきではないかと思うよ。
うちのこうめ姉さんなんか、副作用でもう無理かもって状態になって、その後は体調のいいときに3年〜5年で打ってます。こうめのみK動物病院ではないのよ。
でも、検診でも何もなく過ごしている。
これでいいんじゃないかな?と私は思うな。
Posted by かずにゃん at 2007年07月02日 20:42
ワクチンって そんなに種類があったんですね。
5種までしか 知らなかったです。
我が家は 保険に入ってるので
毎年ワクチンを しなきゃなりません。
それに 行きつけの病院は首にしてましたよ。
今月8日に ロトのワクチンがあるので
ちゃんと見ときます。
しかし 勉強になりますね。
Posted by たまちゃん at 2007年07月02日 21:25
うーん・・・。
我が家は皆3種混合です。
うちのドクターが、「5種は体に負担がかかり、腫瘍になる可能性があるから」と説明を受けました。だから、3種よりも5種の方がリスクが高いのだと漠然と想像していました。
猫は人間と一緒に暮らすようになって長い歴史があるけど、まだまだ判らないことが多いですよね。でも病気に関しては人間ですら未知の部分が多いので、何がベストなのかはその時代によっても違ってくると思います。
その時々の一番自分らしい判断で良いのではないかと考えています。
Posted by カゴメのかーちゃん at 2007年07月02日 21:56
ワクチンのお話勉強になります。
最近打ってないから、しないとなぁ。
Dちゃんの傷口きれいですね。
Dちゃんの回復力にびっくりしました!
Posted by ちゃたろう at 2007年07月02日 22:02
大変勉強になりました、ありがとうございます。

ワクチンが負担になるという話しは
知っていたのですが、
我が家では全員毎年接種です。

なんというか人間の安心料みたいな感じでやっていたようにも思います・・・

少し家族とも相談してみようかな。
Posted by いこあん at 2007年07月02日 22:13
姫と雷ぞー様の経過もいいようで安心しました。
ドンドンドンドンよくなりますように四葉
ワクチン、実は去年初めてテンテンがやったんですよ。
室内飼いだからって安心して、ずっと無接種。
よくない飼い主でしたよね〜。
さすがに病院に行き始めたら不測の事態があるのでと接種しました。
ワクチン接種にはいろんなリスクがつきまとうので、
通っている病院では必ず免疫改善剤と一緒に接種します。
おかげで、食欲がなくなるとか、元気がなくなるとか、
よく聞く症状は何も出ませんでしたよ。
で、白血病ワクチンは別の日に、やっぱり足にしました。
「なぜ足か?」もちゃんと説明してもらえたので、
怖かったけど、気分的には納得して受けました。
Posted by 村長 at 2007年07月02日 22:23
今回のワクチンの話はとってもためになりました晴れ
我が家は年一回ですが、何の疑問もなくうけてましたがく〜(落胆した顔)
必要かどうかを考えれば、家の周囲に外猫さんが沢山いることと、時々外へ散歩に出したりしていることを考えればやはり予防策として必要かな?と思います。
一月に、ぶぅちゃにワクチン接種したあと、腿の付け根にしこりができたときは、血の気の引く心配をしましたが、数週間でひいたので安心しましたが、その子の体質もあるのだなと、知りました。
ビビアンが今年10歳、年齢を考えると注射も負担なのかな・・・と。獣医さんと相談してやっていこうと思います。
何より信頼できて、安心できる獣医さんにめぐり合えることが一番ですよね。

ポストカードの猫ら〜のみなさん、ステキでした黒ハート
Posted by かとちゃん at 2007年07月02日 22:27
ワタシは室内飼いの場合、抵抗力がないから毎年接種しないとダメだと思っていました。今度、病院の先生に聞いてみます。

baraiさんのブログは時々こういう記事を書いてくれるので、本当に勉強になります。ありがとうございました。
Posted by ツブシオ at 2007年07月02日 22:54
ワクチンといっても、ここまで種類があり、危険を伴ったりと、色々あるんですね。

正直何も、しりませんでした。ポコは、ここ何年もしてないし・・・今後も、しないだろうなぁ。

やっぱり、信頼できる病院にめぐり合えるのって、すごく大事で、そして、baraiさんのように、自分で調べる。これって、必要ですね。

ワクチンについて、ここまで考えたことがなかったので、いい勉強になりました。
Posted by maki at 2007年07月02日 23:03
うーん、とにかく、ただただ長生きして欲しくて・・・すぐ、病院って思っちゃうんですが難しいんですね。
ペットを飼うのに無知じゃいけない・・・。
ポストカードは「あ、前に見たのがある!」
って思ったんですが全部見せてくれたんですね。
どれもステキです♪
わたたさん、上手ぅ!
Posted by にゃんちゅけ at 2007年07月02日 23:06
ワクチンといっても、ここまで種類があり、危険を伴ったりと、色々あるんですね。

正直何も、しりませんでした。ポコは、ここ何年もしてないし・・・今後も、しないだろうなぁ。

やっぱり、信頼できる病院にめぐり合えるのって、すごく大事で、そして、baraiさんのように、自分で調べる。これって、必要ですね。勉強になりました猫(足)
Posted by maki at 2007年07月02日 23:06
興味深く読ませて頂きました。
ワクチンのことは、他のブログでも色々拝見したりしてました。
難しい問題ですね。
うちは今年から病院が変わったので、その辺も相談と言う事になると思いますが、
去年までは年1度が当たり前と言う感じでした。
ただ、去年は接種前から調子を崩していたのに打たれてしまって・・
だから、今年は今の先生とよく話してみようと思います。

カード可愛い顔(笑)顔(笑)
Posted by yoko at 2007年07月02日 23:17
すごく勉強になりました。
ワクチン・・・我が家は毎年・・・とはいってもまだ2.3年しかたってないのでなんともいえないのですが。
とりあえず他の猫さんと接触する機会はないので3年でもいいのかなーとは思ってましたが、どうするか・・・。
考える機会を下さって感謝しますー。

↓の記事。
雷ぞーさんもDチャンも元気になってきましたねー。
やった!
Dちゃんのほうは、もう心配ないかな?
雷ぞーさんこの夏はクールビズで。

里親募集の黒ネコさん!
ギャーかわいい!
Posted by にゃおみ at 2007年07月02日 23:18
えらいなぁ。baraiさん、ちゃんと勉強してるのね。
実は、私もまったく同じ考えなの。獣医師の友人にもなんどもワクチンのことで相談したんだ。
だってさ・・・人間の子どもで、毎年ワクチン打たないと生きていけないなんてことありえないでしょ?
ましてや、外部の動物たちと接触することのない完全室内飼い(飼いと言う言葉は嫌いなんだけれど)
ただ、飼い主(飼い主と言う言葉も嫌い。笑)が知らないだけで、多頭飼い(飼いと言う言葉が嫌い。。って、もうええか。爆)の場合、ひとりが白血病とかにかかっていたりして、気が付かない場合もあるわけだし。。。
うちも3年ないし、2年おきにしています。
ただ、病院から「そろそろワクチン注射の時期ですよぉ」と言う葉書が来ると「すまんね、今年はしないんだぜ」とか思っちゃいます。苦笑
Posted by *mieko at 2007年07月02日 23:58
ワクチンほんと難しい問題だと思ってます。
結構色々考えるとこがあり、ちゃっくんの来年は控えようかなと思ってます。
ちゃっくんほんと弱いのです。
毎年打ってしまうと体が持たないかもと思うところもあるのです。
現実問題、ペット保険に加入できないですし、色々問題はありますが、ホリスティック系の本やサイトを見るとほかでカバーできるのではないかと思ったりするのです。
Posted by ちあき at 2007年07月03日 00:10
baraiさんのお話や、コメントを読んでいろいろと
考えさせられました。
我が家はワンコは毎年接種していますし、ニャンコも
毎年接種させようと考えていました。
ちょうど、動物病院からなのだにワクチンのお便りが
来ているので、先生に相談してみようと思いました。
本当にどうするのが1番良いのか、難しいです。
Posted by なお at 2007年07月03日 00:27
ワクチンに関して、本当にいろいろと
あるんですね。
恥ずかしながら、ワタクシ何も知らず
こちらで勉強させていただきました。
げん達を引き取ってから11月で一年になりますが
その前にいつワクチンの接種をしたのかが
わからず、どうしたもんかと考えていたところ
だったんです。
今度げんのお尻チェックに行ったときにでも
相談してみようかな〜
Posted by カエル子 at 2007年07月03日 00:31
そうなんですよね。
ワクチンによる副作用。
以前の愛猫はワクチンのたびにドキドキして大丈夫かなぁと心配しっぱなしでした。
そして10歳を機にワクチン接種をやめたんです。

わたしが徹底して外での病気を持ち込まないように、そして家を清潔にして守ると。
めちゃネコ好きの私が自分ちの子以外のねこちゃんは飼い猫であっても絶対触らず、家に入るときは全部服を玄関で脱いでから入り猫と接する。
(猫と接する前に全部着替えて消毒するのは今もですが)
できるんかいな、って感じでしたが守る方の意志がつよかったのか徹底してました。

結局、昨年初めに亡くなりましたが死因は特定できない心臓の病気でウィルス性などのものはなく、老衰のような結果でした。
ワクチンで予防している病気にはかからなかったんですよね。。。その後数年。


大きく悩むところですよね。
私は今は、多くの猫たちと接しているので、ワクチンは打つようにしました。

ただ、ワクチンと一口にいっても、同じ3種でも病院によって成分が違ったりするので(かなり値段が違うでしょ?!)、プロに相談が一番なのですかね。信頼できるプロに出会えていれば。。。
Posted by みにゃん at 2007年07月03日 00:55
どのカードもとても素敵ですね。
手が込んでますね!!

チャトラは3年前にワクチンしたっきりです。
いいのかな〜
と思いつつ、元気なので病院が遠のいています。
そろそろ健康診断しないとダメかな〜^^;

Posted by 永月水人 at 2007年07月03日 01:06
baraiさんのブログは可愛いだけじゃなくこういった勉強にもなるので、とてもありがたいです。
ワクチン接種。難しい問題がイロイロあり悩むところですよね。
ちなみにウチの場合最初の数年は毎年受けてましたが、室内飼いだし私自身も外猫との接触は極力避けてますので今のところ接種はしておりません。毎年どうしようか悩むのですが・・。
ワクチンではありませんが母が足の不自由なチンチラを保護した際(骨折状態で骨が固まってました)数件病院で診てもらい手術を勧める所と勧めない所があり、悩んだ末、保護活動もされている獣医さんに電話で伺うと「猫は人間より強い。野良に戻すのでなければ負担のかかる手術は不要」と言われました。案の定引きずっていた足も今は普通に歩行できてます。
ワクチン問題もこういった利益抜きで対処してくれる獣医さんに相談できると良いですよね。
実際は遠方にいらっしゃるので来院できないのですが・・。
Posted by はなうり at 2007年07月03日 02:05
詳しく書かれてあり、大変参考になりました
ありがとうございます

私はブリーダーさんから
「ワクチンを首や同じ場所に打たない。
1ヶ月後の次は1年後、その次は3年後
(完全室内飼でショーに出さない場合)」
と聞いた程度の知識しかなかったので
5種混合までしかないと思ってました顔(汗)

ワクチンとはいえ体に負担がかかるので
次のワクチンの後は、3年後にしようと思ってます
何が正解か考えてみても答えが出ないのですが
ずっと元気でいてもらえるように
これからも食事や環境に気をつけてあげたいですね
Posted by きゃらまま at 2007年07月03日 02:42
またまたポチ逃げでごめんなさい(涙)。
パソに向かえる時間を長くとれなくて〜〜。
ワクチンのお話、とっても勉強になりますっ!!
後でもっとゆっくり読ませていただきたいので、
記事をブックマークしちゃいましたっ☆
Posted by Chocolat at 2007年07月03日 03:39
かわいい皆様へかわいい
ご訪問&コメントありがとうございます♪
個別にお返事できなくて申し訳ありません。
ワクチンに関しては皆様も色々とご苦労やお考えがありますね。やはり猫にとっては負担になるものですし、色々と考えてしまいますよね・・・。
色々と悩みもありますが・・・我が家は3年接種でいこうかと思います。お散歩やお庭では充分に注意してあげなければ!!です。
こうして皆様のお考え等を読ませて頂き、とても勉強になりました。
何が正しいって本当にわからないし、ないのだと思います。
でもでも色んなご意見やお考えがあり、皆自分の子を大事に思っているのは変わりないんですよね。このような機会が持ててとても嬉しかったです。
Posted by barai at 2007年07月03日 06:08
四葉はなうり様四葉
そんな風におっしゃって頂けるととても光栄ですぴかぴか(新しい)
確かに完全室内飼いでショーキャットでない場合は特に悩みますよね・・・。
実は今通っている病院にも100%満足しているというわけではなく・・・色んな病院に問い合わせたり実際に行ってみたりもしているのですが・・・中々心から信頼出来る獣医さんには出会えてないのですあせあせ(飛び散る汗)
あとはもう自分で病気の事とかを勉強するしかない!?
いつも、しつこく先生に質問して・・・うざったがられてるかも顔(汗)

Posted by barai at 2007年07月03日 08:36
ワクチンは絶対に接種してはいけません!人間用も同じですよ。近年では子宮頚がんワクチンが戦後最大の薬害となりつつあります。はっきり言いますが、ワクチンは製薬会社、病院の最も美味しい商売です。あと抗癌剤と精神治療薬も医療ビジネスを大きな柱となっています。全て無用なのです。ご自分で調べればわかります。わかるまで調べてください。無知は家族や猫たちを苦しめる事になるのです。お願いします。
Posted by じろう at 2013年06月30日 01:43
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/914408
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック