2006年03月24日

7階から転落☆奇跡の猫@



今でこそ、態度も体もデッカイ雷ぞー様。

実は雷ぞー、生後9ヶ月弱の時にマンション7階の
ベランダから転落し、生死の境を彷徨ったのだ。

雷ぞーは「奇跡の猫」

呼ばれている。

s-1奇跡.jpg

その当時の事は、はっきり覚えている事と、
うろ覚えな事がある。日記や画像も残っていない。
当時私は今と同じ部屋に住んでいた。
マンションの7階だ。その後1回実家へ戻るが
また再びここへ引っ越してきたのだ。
通勤時間も少ないし、少しでも猫らーと一緒にいる
時間がとれるので中々良い。

2000年11月8日、夕方雨がぱらついていた。
次の日から友人と韓国旅行に行く私は
気が急いていた。残業を終え帰宅し、慌しく旅行準備を
していたのだ。洗濯物が出しっぱなしな事を
思い出し慌てて取り込んだ・・・のは、既に
夜の11時をまわっていただろうか?

s-2奇跡.jpg

旅行準備を終えた私はようやく人心地つき、
遅いティータイムを楽しむ。
次の日から実家へ預けるバブと雷ぞーを、ゆっくり
かまってあげようと2ニャンを呼んだ。

バブは私の傍にいた・・・が、雷ぞーが見当たらない。
当時まだ子猫でイタズラ盛りの雷ぞーは、
とにかくいろんな所に入り込む・・・、
「雷ちゃーん、早く出て来てよぉー、
明日からしばらく会えないんだからぁー!!」
おかしいな?どこにいるのかな???
お風呂場、トイレ、クローゼットの中・・・、
ソファーの裏、台所・・・・・いない。
もう一回部屋中を探す。いない・・・・。

嫌な予感、まさかベランダに出ちゃったのでは!?

我が家のベランダは部屋の2方をグルっと囲んで
ある。隅々まで探す・・・・・・いない・・・・。

ま、まさか・・・・・・・・!??????
そんな事って・・・・・・・。

エレベーターが7階まで上がってくるのが
すっごく長い時間に思えた。
でも、まさかそんな事あるわけない!と
どこかで思ってもいた。

エントランスを出ると・・・、道路の右前方にいた。
雷ぞーが口から血を流しグッタリと横たわっていた。
心臓が凍りついた・・・ように思えた。
雷ぞーはエントランスを、私を見つめていた。

「雷ちゃん!!!!!」

とにかく病院に連れていかなければ・・・、
車も通るかもしれないし、とにかく移動しよう。
ゆっくりと雷ぞーを抱きかかえる。
「ギャ!!!」振り絞ったような悲鳴が起きた。
今でも、この時の雷ぞーの悲鳴が残っている。

s-3奇跡.jpg

一旦部屋へ戻り、動物病院へ電話。
かかりつけの病院は救急対応で24時間お医者さんが待機。
すぐに連れて来て下さいとの事で、タクシーで向かった。
タクシーの中の雷ぞーは息も絶え絶えだった。
ここまでは鮮明に覚えている。

s-4奇跡.jpg

病院に着くとすぐに治療室に連れていかれる。
泣きっ放しの私は「ごめんね、ごめんね」を
繰り返し、祈るばかり・・・・。
どの位の時間が経ったのか?
先生より説明を受ける。
肺?が破れたらしく、体内に血や何やらがたまって
管を入れて抜いたとの事。
呼吸するのも苦しいので酸素室に入ってますと。
しばらくはこれで様子を見ましょうと・・・。

s-5奇跡.jpg

酸素室の雷ぞーに会う。
私を見ると嬉しそうに立ち上がろうとする。
ニャ、声にならない声を懸命にあげようとする。
先程に比べると呼吸も楽そうだ、但し肩で
息をしている感じだ。

私がいると却って傍に来ようと無理をするので、
その日は帰宅。

続きはAで・・・・・


(今日の画像は以前に載せたものです。)


下いつも応援ありがとう♪1クリックお願い!
banner_03.gif

下こちらも!親バカにご協力お願いします
にほんブログ村 猫ブログへ

ニックネーム barai at 00:30| Comment(8) | TrackBack(1) | 雷ぞー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
泣きそうです〜。
そんなことがあったなんて!
ドドンと元気そうな雷ぞー様とのギャップで
頭がウニ(言わんな〜、今は)です。
「今でも、この時の雷ぞーの悲鳴が残っている。

あ〜、こういう感じ、分かります。
耳に残るんですよね。
やっぱ涙…。
無事回復するまでの第2弾、お待ちしてます。
Posted by hnbcociio at 2006年03月24日 01:18
すでに涙目です〜〜〜…
途中まで読んで、私の心臓も凍りそうに…
うちも一度、メメがいないと思ったらベランダの人間の入り込めない隙間にいたことが…
あの瞬間の恐怖が蘇りました。
でも「奇跡の猫」なんですよね!
このあとのミラクルに期待!!

実は漢字バトンというものが回ってきまして、
次回をbaraiさんに回してしまいました〜…
しかもとっても失礼なこと書いてます…
謝っとこう、ゴメンナサイm(_ _)m
強制ではないそうなので、無理ならいいみたいですが、
余裕があればどうぞよろしくお願い致します!
Posted by memeko at 2006年03月24日 01:24
Re:hnbcociio様
なんだか、フラッシュバックしますね、
たまに・・・。
人生においてそういう瞬間とか、光景とか、
セリフとか・・・、数は多くないけど
ありますよね。
Posted by barai at 2006年03月24日 22:31
Re:memeko様
メメちゃんご無事で何よりです♪
雷ぞーは本当に頑張ってくれましたよ。
ところで漢字バトルなんだけどね、もしや
私の所にトラックバックなるものが来てるの?
私やった事なくってわからないのよー(涙)
トラックバックもエッチなのが多くって最近
やっと私が承認したのは受け付けるように
したんだけど、よくわからなくって消したかも。
うー、どうすればいーのー!??
もう一回送ってもらえるもの??
ごめんなさい、初心者で・・・・。
Posted by barai at 2006年03月24日 22:44
鯖の塩焼きを食べながら読んでいて、
涙がぼろぼろです。
雷ぞー様がこんな大変な命の危機にあわれていたとは・・・。本当に今元気で何よりです。
Posted by ぱんだ at 2006年03月25日 00:40
はじめまして♪『ペットリンクス』サンから飛んできました。
"奇跡の猫"って何だろ〜〜???と思ってきたのですが・・・ホント、凄い奇跡の猫ですね!!(◎o◎;)
7Fから転落して助かっただなんて・・・★
今の元気な雷ぞーサンを見てると想像出来ませんが・・・(いや、実はしましたけど☆道路に横たわってるトコとか・・・病院の場面とか。イマジネーションが豊かなのって不幸〜〜っ!!と思いました★)
続きも楽しみにしてます!!
Posted by 白雪 at 2006年03月25日 00:41
Re:ぱんだ様
鯖の塩焼き・・・・・美味しそう・・・・。
ぱんだ家のご飯はいつも私の空腹に
訴えかけます(笑)
雷ぞーは本当に頑張ってくれました。
こんなダメダメ飼い主な私ですが、
この奇跡を大切にしていこうと思います。
Posted by barai at 2006年03月25日 01:46
Re:白雪様
ご訪問&コメントありがとうございます♪
5年以上前の事ですが、道路に横たわった
あの光景は今でもハッキリ覚えています。
全て私の不注意なのですが、頑張ってくれた
雷ぞーに感謝です。
私も遊びに行かせて頂きますね。
また、いらして下さい♪
Posted by barai at 2006年03月25日 01:48
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/242507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「長毛猫らーとお局の暮らし」の猫ちゃん
Excerpt: 迫力! 奇跡の猫[雷ぞー] そして 3匹が見ている物は 画材:Gぺん/ロウ/水彩絵の具/コピー用紙 猫モデル許可して頂いた「長毛猫らーとお局の暮らし」の猫ちゃ..
Weblog: 猫の絵・描いてみました。
Tracked: 2006-03-25 00:03